療術を始めたきっかけ

私が療術の世界に入ったのは、約7年前になります。

母親は前から心臓が悪く、血圧も高くて更年期障害になっていました。
病院に行く度に薬をたくさんもらっていて、半分は家で寝ていることが多くなっていた頃のことでした。

私は「この薬の量は本当にやばい!なんとかせねば。」と思い、3年間カイロプラクティックの学校に行きました。
私はすっかり母はこれで治るもんだと思っていたのですが、全然治らなかったのです。
頭の中は「なぜ?」でいっぱいになり、その後はリフレクソロジー、マッサージ、整体なども習いました。

でも、どれをやっても母はよくならないんですよね。
本当に不思議でした。

この話の続きは、また後で書きます。
posted by 整体@明石まる at 17:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。